2010年11月13日

スイス 〜祭好きサンダーロード@〜

P1070228.jpg
オーストリアを経て、やってきましたスイス!!

スイスといえば…
P1070199.jpg
凶悪な物価の高さ!!
日本のコンビニのサンドイッチが5€(550円) ヾ(・ε・。)ォィォィ

ふつーに外食すると20€とか。         ヾ(・ε・。)ォィォィ 
              
幸いスイス初日に日本人留学生に出会って、スイスの高い宿泊費を払わずにすみましたが晴れ(Thank you for Y.M!!)
基本的にクロワッサン1€と牛乳 0.6€とその辺に生えているリンゴを食べてました。


んで、行ってきました“チーズ分配祭りin Hasliberg”!
P1070220.jpg

昔、村ごとに牛乳を集めてまとめてチーズを作ったので、提供した牛乳の量・品質に応じてチーズが分配される、という行事。


P1070232.jpg
ハイジな音。
P1070233.jpg
オンジ発見!!
P1070245.jpg
「牧くだり」(夏放牧の終わり)もかねてるそうです。

P1070215.jpg
「どうして低燃費なのー??」
P1070364.jpgP1070366.jpg
     スイスハイジ                    日本ハイジ


P1070403.jpg
スイスでの栄養を補ってくれた完全栄養食に感謝を。



<小話>
@チューリッヒ駅からミラノへの国際列車に乗り込むとき、イタリア人(自称)のおっさんが声をかけてきました。「僕もこの列車でイタリアに行くんだよー」
A少し会話すると、「コーヒーを買いたいんだが、スイスフランを使いきってしまったから、両替してくれないか?」と、のたまうおっさん。
Bそして見たこともないお札を出す(額面200)おっさん。「これはイタリアンユーロなんだよ。これと20€を代えてよ。イタリアではこれじゃないと使えないよ。」
C「どこの席??コーヒーおごってあげるよ。チケット見せてよ。」と言うと、なぜかパスポートを見せて「僕はちゃんとイタリア人だよ!!」とかみ合わないおっさん。
D発車の時間になってあわててどこかに去っていくおっさん。


…賢明な皆様はAでお分かりかと思いますが、ユーロを使ってるイタリア人が駅内でユーロがが通用するスイスで困ることは100%ありえないんですねー。それにそんな用事を東洋人に最初に普通頼まないし。「コーヒーおごる」のくだりは絶対に列車のチケット持ってないのをみこしての意地悪です。国際列車発車直前だからほぼ100%つかまることのないいい手だと思うけど、スイスの物価の割りに実入りが少ない(たったの20€)んじゃないかといまだに思う。後から調べると、おっさんのお金は旧イタリアリラで 1ユーロ=1936.27リラ でした。すごい慣れた感じだったので日本人・韓国人がひっかかってるのかと思うと少し悲しくなってきますねー。(-_-)

posted by minira at 18:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

チェコ 〜豪華旅行御招待〜

プラハの宿にて。
P1060096.jpg

なんじゃっこりゃー!!
部屋の扉開けたのに廊下があるし!
P1050931.jpg
広いし!!
P1060099.jpg
バスタブあるし!!
熱いお湯が勢いよく出るし!!



…部屋と風呂への感動はこの辺で( ̄◇ ̄;)


チェコ、
P1050959.jpg
と言えばビール!!
P1050966.jpg

ってことで行って参りました、Žatec(ツァテツ)村のZatec Hop Festival!ビールビールビール

要するにホップの一大生産地であるŽatec村の収穫祭なんだけど、
P1060005.jpg
全部ホップ。

P1060004.jpg
またまた全部ホップ。


P1050990.jpg
子供もホップ。

P1050993.jpg
日本で言えば、アサヒ・キリンのような大手から小さな製造所まで屋台がずらーっと並ぶ。
ここにトルコ旅行五人衆で来てたら、全製造所制覇とか絶対してたはず( ^.^)_U
しかもこの屋台の人々、ビールの注ぎ方へのこだわりがハンパない。

P1060009.jpg
めっちゃおいしかったお菓子、Trdelnik。外はカリッと中はもちもちシナモン味。

P1060012.jpg
My Best Beer!Kvasar14°(25コロナ=125円くらい)


プラハから列車にて、ブダペストへ。
P1060143.jpg
あんまり青く美しくないドナウ(増水中)。

P1070081.jpg
王宮広場のワインフェス。

P1070004.jpg
ここで学生でもないくせに国際学生証を作成ひらめき身分証明は日本の免許でごり押し。

強力なスポンサーのついた1週間がまたたくまに終わり、旅行者の溜まる安宿にいそいそと戻るのでした晴れ

posted by minira at 18:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

アジア横断 〜ちょっとヨロシク〜

「いい加減に日記を書きなさい」と、夏休みの終わりのように母上様に言われてしまいました。

…というわけで(?)、こっからヨーロッパ編の始まりぴかぴか(新しい)



成都(中国)からプラハ(チェコ)への最安値の航空券を買ったら、成都→カラチ(パキスタン)→ドバイ(UAE)→プラハ のトランジット&トランジットする事に。

何にも考えずに成都空港でチェックイン。

係りのお姉さん「パキスタンビザないけど、日本人は大丈夫なの?」

「もちろん大丈夫です!!」と答えるも、

…あれ?

もしかしてノービザはヤバイ?? ( ̄x ̄;)


まあ、パキスタンに行ってしまえば入国したいわけじゃないしなんとでもなるやろー。と思い直して、搭乗口へ。

P1050907.jpg
搭乗口を探す必要もなくイスラミーな方々の群れを発見

イスラミーな方々のお祈りが終わり、一路パキスタンへ。


カラチのイミグレーションにて、「ビザはないのか?」と聞かれるも、「トランジットなんですー、はい6時間後の航空券。」のみで終了。さすがにイミグレの外には出してもらえなかったけど。

P1050914.jpg
チャイ made by空港のおっちゃん をいただき、ひたすら待機。

ここで1つ問題が発生。

ビザがない→イミグレをでれない→チェックインカウンターにいけない→空港のおっちゃんがチェックインしてくれる→自動的に荷物はすべて機内持ち込みに→ナイフなどもろもろは?
→もちろんX線検査でひっかかり、

そんな小さいハサミまでとらんでも!!ってくらい刃物という刃物を奪われる。
そこで係員の人曰く「心配しなくてもプラハで受け取れるようにしてあげるよ(紳士笑顔)」


まあこの時点で結果はわかってたけども…、もちろんプラハには来てませんでした。
値段的にしれてるからいいんですがね( ̄◇ ̄;)


最後に待合室から案内してくれたおっちゃんが一言。
「Will you give me some present??」

 …なんか久しぶりやなーこういうの。

P1050927.jpg
ドバイ空港トランジットはさして楽しいイベントもなくつつがなくプラハに到着晴れ

P1050930.jpg
早速チェコビール!!

アジアの薄いビールに慣れた身にはしみわたりましたよ。
posted by minira at 05:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。